夜の庭を華麗に彩る、LED

 

夜の街を歩いていて、お店のライトアップ方法に感心したことはありませんか?植栽を照らすことで葉の動きを感じたり、和風のお店ではアプローチに沿って埋込式ライトが設置されていたり、ライトアップは手軽にできるうえに、空間の印象をがらりと変えられます。


これらガーデンライトの効力は、もちろん店舗だけではなく、一般の住宅でも活用できるものばかりです。


今回は、そんなガーデンライトの魅力についてご紹介します。




1.ガーデンライトとは?



ガーデンライトとは、一言でいうと「庭や玄関周りなどエクステリア部分に設置する照明」です。雰囲気の演出や足元を見えやすくする転倒対策、泥棒対策などのために設置される場合が多く見受けられます。


最近では省エネ効果の高いLEDを使ったものや、雨風などの厳しい自然環境にも対応できる耐久性の高いものが人気です。ガーデンライトは一度設置すると、あまり変更することがない照明でもありますので、選ぶ際にはしっかりと設置目的と効果を見極めましょう




2.ガーデンライトのメリット



演出面



エクステリアを彩るための大切な照明であるガーデンライトには、さまざまな形状や材質、色、サイズが存在します。


たとえば、見た目が同じの建売住宅が横に3棟並んでいたとしても、ガーデンライトの使い方により夜の雰囲気は全く違うものに。ガーデンライトには、周辺の空気を左右するがあります。


使い方や設置場所によって、演出できる雰囲気はさまざまです。

幻想的な木塀や白い外壁にマリンランプで光の輪を描と、幻想的な雰囲気になりますし、庭の木々を土中埋込型ライトで下から照らすと、お庭に立体感がうまれます。また行灯風や金物電傘を使ったレトロ照明で、大正ロマン的なレトロイメージを演出することも。


建物のイメージを自分好みのものにする最後のひと押しとして、ガーデンライトはとても頼りになる存在なのです。


特に玄関周りやデッキなどでガーデンライトを利用すると、センスが出やすいですので、どこを気にすれば良いのか分からないという場合は、外を歩く人から良く見える外構部分に注目してガーデンライトを選んでみましょう。



安全面


明るい昼間と違って、夜は良く知っている自分の家でも光の届かない場所ではつまずいたり、足を滑らせたりする危険性があります。駐車スペースから玄関までのスペースである「アプローチ」。つい安心して外照明をつけ忘れがちなポイントの1つです。


「家の中に入るまでが外出」ですので、ケガはしたくありませんよね。ガーデンライトを設置すれば、転倒や衝突などの万が一のトラブルを予防したり、大荷物を持っていてもすんなり家の中に入ることを可能にしたりするための環境をつくれます。


設置する際は、日没後に実際に歩き回ってどこに照明が必要かを考えてみることが大切です。門がある場合には玄関までのアプローチで埋込式の足元灯があると安心ですし、玄関扉近くでは訪問者の顔や自分の手元が良く見えるような明るさが必要なことに気が付くでしょう。


また、駐車スペースでは省エネの観点から考えると常時点灯ではなく、必要な時に点くセンサーライトが1つあるだけでも助かるものです。



防犯面



侵入者は塀で囲まれた箇所や暗い部分など、人目に付かない場所を日頃から観察しています。そのような泥棒の侵入経路を無くすためにもガーデンライトを多く設置するに越したことはありません。


しかしデザイン性を考えると、家の周りを照明だらけにはしたくありませんよね。そんな時に、役に立つのがセンサーライトやタイマー付きライトです。外照明にプラスして使うと、見た目にも影響なく防犯性を向上させられます。


毎日同じ時間になるとライトが点くようにセットできるタイマー付きライトがあれば、留守中だとしても不審者や泥棒のターゲットになりにくい住まいを作れます。長期間の旅行も安心です。


家の北側など暗いところにある小窓から侵入しようとする不審者はセンサーライトで撃退し、二度と近づきたくないという心理状況を作らせましょう。夜の庭をライトアップすることで、雰囲気が出るうえにトラブル防止にもなるなんて、ガーデンライトはまさに一石二鳥の防犯グッズです。




3.ガーデンライトの相場


ガーデンライトの相場を種類別に見てみましょう。ナチュラル派に人気の高い真鍮製マリンランプにはブラケットタイプ・デッキライトなどがあり、サイズにもよりますが、相場は10,000円前後となっています。


玄関アプローチや芝生の庭でよく用いられるポール型では、小さなものでは400円~。地中にしっかりと差して設置する大きめタイプでは6,000~10,000円です。


防犯面・安全面で威力を発揮するセンサーライトは比較的安価で、2,000円~となっています。


これらの電球が白熱灯ではなくLEDのタイプですと少しお値段は上がりますが、ランニングコストはお得になるので長期間の設置を考えている人にはおすすめです。




4.まとめ



ガーデンライトの役割をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

安全で使いやすく、防犯対策ともなり、時には癒し効果ともなるガーデンライト。使い方次第で、生活にさまざまな潤いを与えてくれます。


長く使うものですので、選ぶ際にはデザイン性だけではなく、電気代・交換電球代などのランニングコストの面でもしっかりと吟味しましょう。