信頼できるカーポートメーカーTOP3とその特徴をご紹介!

 

栃木県にお住まいの皆さまは、普段どのような交通手段を使われているでしょうか。電車やバスなどの交通機関も整っていますが、車で移動なさる方が多いのではないかと思います。


というのも、栃木県の自家用車保有率は全国3位なのです。ちなみに1位は群馬県、2位は茨城県なので、東京近郊の地域の方々は、車で移動する機会が多いことになります。


今回は愛車を保護するために必要な「カーポート」について、おすすめのメーカーTOP3をご紹介します。カーポートが必要な理由とともに、各メーカーの特徴を掲載しますので、まだ導入なさっていない方は愛車の寿命を延ばすためにも、ぜひご検討なさってください。




■カーポートのメリットとは



カーポートに関しては、何度かこのブログでも紹介させていただきました。雨や雪、紫外線から車のボディを守ってくれるほか、鳥の糞害なども防げます。その結果、鮮やかな塗装が長期間にわたって続くという効果はご存じいただけるでしょう。


詳しくは以下のリンクからご覧ください。

https://www.ohyama-inc.jp/blog/category2/105382



形状の種類やメリットはご理解いただけたかと思いますが、さまざまなメーカーが魅力的な商品をリリースしておりますので、選べない方もいらっしゃるのではないでしょうか。


カーポートを選ぶ際は、前提として自分のライフスタイルと見比べることが大切です。

どのような機能が合ったら嬉しいのか、今、困っていることはなにかなどを把握したうえで生活にフィットするカーポートを設置なさってください。


具体的なポイントとしては「車のサイズや駐車場の広さに注目すること」と「強度と設置場所を考えること」の2つが挙がります。


デザインや費用を優先して決めてしまい、車のサイズに合わなければカーポートの意味がありません。


カタログやインターネットで調べただけでは分かりませんので、納得のいくカーポートを設置するためにも、車のサイズや台数、駐車場の広さなどを常に考えましょう。



では、シェア率トップ3を誇るメーカーごとにカーポートの特徴を見ていきます。




■業界シェア率1位・LIXILのカーポート



あらゆるメーカーがカーポートをリリースしておりますが、シェア率1位はLIXILです。

もともと「INAX」や「サンウェーブ」、「TOEX」「新日軽」「トステム」といった住宅設備メーカーが統合してできたメーカーで、豊富なノウハウがあります。


LIXILが選ばれている理由は、ずばりバリエーションの多さです。


1台用や2台用、2台用でもワイドタイプや縦連棟、フラット型など、細かく選べます。また住まいの雰囲気に合わせてカラーリングも選定可能です。ホワイトやブラウン、ブラック、グレー、シルバーと、愛車の色に合わせて設置できるので、スタイリッシュな雰囲気を維持できるでしょう。



屋根材のバリエーションや各オプション機能も豊かです。予算に合わせて最適なサイズや屋根材、本体色、柱の高さ、オプションなどのバリエーションがありますので、あらゆるご家庭にフィットするカーポートが見つかるでしょう。




■独自の製品を軸に価値を生み出す・三協アルミ



2位は総合建材メーカーの三協アルミです。

アルミ製品に特化した会社ならではのカーポートを打ち出すことで、他社との差別化を図っています。ユニークな形状や効果などが強みです。


また「シャコレンジャー」というカーポートの戦隊を企画しており、人気投票&プレゼントキャンペーンを打ち出すなど、消費者を楽しませるマインドも感じさせます。




■YKK AP



建材メーカーとしてはLIXILの次に大きい会社です。

テレビ広告などで「窓を考える会社」といっていることもあって、カーポートなどのエクステリア建材のイメージは弱いかもしれません。特徴としては日本製ならではの安全性と、低価格で購入できることでしょう。


デザインはベーシックですが、他社に比べて費用がかからないうえに「YKK」のブランドの安心感もあります。




■設置は実績がある信頼の業者に



信用ならないメーカーに依頼すると、強度が弱かったり積雪の雪の重みに耐えられず壊れてしまったりすることもあります。必ず実績がある業者に任せましょう。


自分たちの暮らし方に合ったカーポートを設置することで、栃木県での暮らしはより快適になります。今よりも暮らしやすく、愛車に優しい住まいをつくりませんか?