子どもをのびのびと育てられる外構リフォームとは?

 

風も気持ちよく、外に出るのが楽しい時期になってきましたね。

とはいえ日中はお仕事をしていて、帰宅したら家事や育児に追われるという日々を重ねていると、あっという間に一週間が過ぎてしまいます。

忙しいけれどもせっかく天候のよいこの時期、積極的にアウトドア気分を楽しみたい。


そんな方におすすめなのが、メンテナンスフリーな外構リフォームです。

手入れに手間も時間もかからず、子育て世帯や共働き世帯にとっても使いやすいエクステリアについてご紹介いたします。




■年間を通じて青々した庭を楽しめる人工芝


お庭や玄関まわりのお手入れで煩わしいのが、雑草の処理ではないでしょうか?

ひとたび根を張ってしまうと、いくら抜いてもまた生えてきてしまう厄介者です。

レンガやタイル敷きにして地面から変えることもできますが、小さなお子さまやご年配の方がいらっしゃると、うっかり転んで頭を打って大怪我でもしないかと心配ですよね。

そのような場合におすすめなのが、人工芝です。


人工芝は、天然芝のような定期的な手入れは不要。メンテナンスフリーで常に青々とした庭やエクステリアを楽しむことができて、お子さんも大喜びです。

また、天然芝よりも耐久性が高いのも特徴です。最近では遮熱効果が高いタイプや抗菌作用があるもの、防炎認定を取得したもの、静電気の抑制・防止加工が施された商品なども登場しており、1年を通じて快適にきれいな芝を楽しむことができます。


人工芝をホームセンターで購入してDIYをする方もいらっしゃいますが、プロからするとあまりおすすめできません。人工芝を敷く下地をうまく平らに押し固めないと、上を歩いているうちに、デコボコになってしまいます。またきちんと土の処理をしないと、雑草が人工芝を破って出てきてしまうということも。

ひとくちに人工芝といっても、クオリティもさまざまですので、目先の価格にとらわれて購入しても、結局損をしてしまうということにもなりかねません。はじめからプロに相談することをおすすめします。




■お子さまの遊び場やご夫婦の憩いの場所にもなるウッドデッキ


人工木によるウッドデッキも、メンテナンスに手がかからず人気の高いエクステリアの一つです。ウッドデッキがあると、日中はお子さまが遊べたり、洗濯物干しに使えたり、何かと便利。お子さまがお休みになったあとは、夜空を眺めながらご夫婦でお酒を楽しむのも素敵ですよね。

またウッドデッキがあると、リビングから庭を見た時、視線が誘導されて実際の面積以上に室内が広々と感じられるというメリットもあります。


ウッドデッキには天然の木材を使用したタイプと、人工木を用いるタイプの2種類があります。メンテナンスを考えると断然おすすめなのは、人工木のウッドデッキ。

人工木は硬質な樹脂と木粉を混ぜ合わせてつくられたもので、天然木に比べて耐久性が高いのが特徴です。人工なので水が浸み込みにくく、表面が汚れても簡単に掃除ができます。シロアリの害を心配する必要もなく、紫外線による褪色や腐食にも強いので、天然木で必要とされる塗装などの定期的なメンテナンスも不要です。


従来の人工木は熱を吸収しやすく、盛夏には表面温度が非常に高くなったり、雨天時に滑りやすいという点が指摘されていました。しかし最近では夏の温度上昇を抑えたり、滑りにくく加工された製品も登場しています。

また、天然木のようなささくれの心配がないので、お子さまが裸足でデッキに出ても安心して見守れるのがうれしいですね。




■エクステリアのリフォームで時短と豊かな暮らしを両立


いかがでしたか? お子さんの心身の健康のためには、お庭で遊ぶ時間が大切です。今回ご紹介したようなメンテナンスフリーのエクステリアは、子育て世代の強い味方。一度施工してしまえば、その後のお手入れに手間をとられることもないのでゆとりが生まれ、子育てだけでなくご夫婦でゆったりした時間を過ごすことも可能です。


オオヤマは足利市を拠点に、新築やリフォームにともなう外構・エクステリア工事、造園工事などを手がけています。人工芝やウッドデッキの設置はもちろん、エクステリアでお悩みのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。