「失敗しないガーデンライトの選び方」のための3つのポイント

 

冬から春に季節が変わるにつれて、夜中でもお庭に出る機会が増えているのではないでしょうか。ウグイスなどの鳥の鳴き声や虫の音などに耳を澄ませるだけで、豊かな暮らしを送れます。ウッドデッキなどのエクステリアを設置して入れば、ゆっくりとイスに座って食事をすることもできるでしょう。


そこで欠かせないのが「ガーデンライト」です。設置するのはもちろん、演習したい雰囲気に合わせたライティングをすることで理想的な美しさを実現できます。ウッドチェアに腰かけて、美しく照らされたお庭や外を見ながら一杯……なんて、優雅な生活も夢ではありません。


今回は春のお庭をより楽しむためにガーデンライトの選び方をご紹介しますので、ご参考になってください。




■3つのポイントを守るだけでお庭の魅力がグンとアップ


価格の安さや性能の高さだけでガーデンライトを選んでしまうと、失敗する原因になります。理想的な雰囲気のお庭をつくるためには、以下の3点を重視しましょう。



1.住まい全体に合った色や形の照明を選ぶ



ガーデンライトにはさまざまな種類や色合いを演出できるタイプがあります。最適な設備を選ぶ基準として「住まいの雰囲気を加味すること」が求められます。住居とお庭との統一感を出すことで調和やバランスが取れた空間を実現できるのです。



2.「目的」を重視して照明の数や場所を決める


「なぜガーデンライトを設置するのか」という目的をはっきりさせなければいけません。「お庭で食事をしたい」「セキュリティを強化したい」などの目的に合わせて証明設備を設置しましょう。するとおのずと数や種類、色合い、設置場所が決まります。


例えば防犯用だと玄関付近に設置することになりますし、人の動きを感知して照明が付くタイプになるでしょう。またお庭のデザインを楽しむためのガーデンライトであれば、暖色系の間接照明がおすすめです。



3.電源の取り方を考える



LEDライトはメンテナンスが要らず、ランニングコストが安いなどのメリットがありますが、タイプによっては屋外コンセントから電源を引く必要があります。「その2」で決定した設置したい場所や数と合わせて専門業者に一度確認してもらうと、トラブルになることもないでしょう。




■最適なタイプのガーデンライトを選ぶことは重要



ガーデンライトにはブラケット(間接照明)タイプ、ポール灯タイプ、スポットライトタイプとさまざまなタイプがあります。まず「ガーデンライトを設置する目的」をはっきりさせたうえで既存のお庭やエクステリアと合わせて、空間をつくっていきましょう。


より深くガーデンライトについて知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

https://www.ohyama-inc.jp/blog/category3/105389